売り上げNo1ディーラーが教える最安値で購入できる方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「ユーカーパック」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・一括査定のように営業電話はかかってこない。

30秒であなたの車を無料査定

 

2018新型クラウン外観

「日本を代表する高級車は?」という質問を受けたら、多くの方が「トヨタ クラウン」と答えるでしょう。

「トヨタクラウン」は、1955年1月に誕生した日本を代表する高級車です。
60年以上もの歴史を誇っています。

一方、海外の車の中でも高級車として広く知られている「BMW」ですが、クラウンとは異なり、様々なタイプの設定があります。

その中で、今回ご紹介するのが「BMW3」です。

初代BMW3は1972年に登場し、50年近い歴史があります。

2019年3月にBMW3が8年振りにフルモデルチェンジされました。

今回の記事では「新型トヨタクラウン」と「BMW3」のついて燃費、内装、安全装備など比較していきます。

 

Sponsored Link

新型クラウンとBMW3シリーズの実燃費比較!

 

車を維持するには何かと費用がかかりますが、その中でも「燃費」は多くの方が気になる点でしょう。

この章では、「新型トヨタクラウン」と「BMW3」の実燃費について比較してみます。

新型トヨタクラウンの実燃費

「新型トヨタクラウン」の実燃費はWLTCモードで計測されています。

新型クラウン燃費表

※AdはAdvanceの略です。※単位はkm/Lです。

※ExはExecutiveの略です。

※PはPackageの略です。

※FはFourの略です。

 

BMW3の実燃費

「BMW3」もWLTCモードで燃費が計測されています。

「BMW3」には、320i 、320dというグレードがありますが、実燃費は次のようになっています。

BMW3燃費

※単位はkm/Lです。

「新型トヨタクラウン」と「BMW3」の燃費を比較すると、WLTCモードの全体的な数値を示す燃料消費率において、クラウンの方が最大で7km/L程度上回っていることが分かりました。

さすがは、トヨタが世界に誇るハイブリッドシステムですね。

Sponsored Link

内装の比較

続いて「新型トヨタクラウン」と「BMW3」の内装について比較します。

両方の車共に高級車の部類に入るため、多くの方が気になるシートの質やトランクの使い心地についてお話しします。

 

新型トヨタクラウンのシートとトランク

まずは「新型トヨタクラウン」のシートについてお話しします。

 

シート

引用:https://toyota.jp/crown/utility/comfort/

シートの座り心地が良いとロングドライブも快適に過ごすことができます。

特に後部座席が狭いとすぐに疲れてしまいますよね?

「新型トヨタクラウン」の後部座席は膝の前に十分な空間があり、リラックスして座ることができます。

座面形状に工夫をこらして、疲れづらいシートとなっています。

 

トランク

引用:https://toyota.jp/crown/utility/space/?padid=ag341_from_crown_comfort_more_space

「新型トヨタクラウン」のトランクはゴルフバッグが4個入るほどのスペースがあります。

広さだけでなく、折り畳み式のラゲージボードやラゲージトレイが装備されています。

また、アクセサリーコンセントがあり、充電もできるようになっており使い勝手もよくなっています。

BMW3のシートとトランク

続いて、「BMW3」のシートとトランクについても見てみましょう。

 

シート

引用:https://clubmini.jp/14832

「BMW3」の後部座席はモデルチェンジされて、スペースが25mmも拡大され、さらに広々と過ごすことができるようになりました。

後部座席に座る方は前方の座席の下に足を伸ばせば、ロングドライブでもストレスが少ないでしょう。

座席の質感も高級感があり、リラックスすることができます。

 

トランク

引用:https://autoc-one.jp/buyersguide/5004037/#h2-6

「BMW3」のトランクは最大で480Lあります。

画像のようにシートを倒すことができるので、長い物も積むことができます。

またマットを敷けば車中泊もできるようになります。

このように「新型トヨタクラウン」と「BMW3」の内装を比較すると、使い勝手の点では「新型トヨタクラウン」の方が上回っていると言えるでしょう。

ただ、内装のデザインは好みの問題もあるので、どちらが高級感があるとは言い難い部分でもあります。

 

安全装備比較はどっちが優れている?

 

高級車の特徴として、質感のある内装だけでなく安全装備が充実していることも挙げられます。

この章では、「新型トヨタクラウン」と「BMW3」の安全装備について比較してみます。

 

クラウンの安全装備

「新型トヨタクラウン」の安全装備は、「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」と呼ばれています。

その特徴についてお話しします。

 

ドライブアシスト

まず安全運転をサポートするドライブアシストには、主に次のような装備があります。

  • 自動(被害軽減)ブレーキ
  • 踏み間違い時サポートブレーキ
  • ハンドル操作サポート
  • 自動ハイビーム
  • 追従ドライブ支援機能
  • 標識読み取りディスプレイ

上記の装備の中で、注目すべき装備は「自動(被害軽減)ブレーキ」

「踏み間違い時サポートブレーキ」「追従ドライブ支援機能」です。

「自動(被害軽減)ブレーキ」とは、昼間であれば、先行車や歩行者をレーザーレーダーと単眼カメラで検出して、警報ブザーとディスプレイ表示でドライバーに危険を知らせ、ブレーキが操作されれば、強力なブレーキアシストが作動します。もしブレーキを踏めなかった場合は自動(被害軽減)ブレーキが作動し、衝突回避または被害軽減をサポートしてくれる装備です。

 

「踏み間違い時サポートブレーキ」とは、合計8個のセンサー車の前と後ろに合計8個のセンサーがあり、もし間違えてアクセルを踏んでしまったとしてもブレーキが作動する装備です

 

「追従ドライブ支援機能」とは、渋滞やノロノロ運転の時に車間距離を一定に保ってくれる装備でドライバーのストレスを軽減してくれます。

クラウンナビモニター専用 キズ防止ガラスフィルム

エアバッグ

「新型トヨタクラウン」もエアバッグは「 SRS:Supplemental Restraint System(乗員保護補助装置エアバッグシステム)」と呼ばれるもので、車に乗っている方すべてを覆うように広がるものです。

従来のエアバッグは運転席や助手席を前方から作動するものでしたが、「新型トヨタクラウン」ではひざ元やサイドからも作動するので、より安全性が高められています。

 

ボディー剛性

「新型トヨタクラウン」のボディー構造は「全方位コンパティビリティボディ構造」と呼ばれています。

車重や車高の異なるクルマが前面・側面・後面からの衝突してきても、衝撃を吸収し、車内にいる方の安全をサポートしてくれるものです。

 

BMW3の安全装備

 

続いて「BMW3」の安全装備についてもお話しします。

ドライブアシスト

「BMW3」にも衝突を回避したり、衝突時の被害を軽減する装備が充実しています。

いくつかご紹介します。

・衝突回避・被害軽減ブレーキ

「衝突回避・被害軽減ブレーキ」は、走行中に他の走行中の車との衝突危険性が高まった時、、ドライバーがブレーキ操作やハンドル操作などをしなかった場合、自動的にブレーキをかけて衝突を回避・被害の軽減を図る装備です。

歩行者に対しても同様に反応します

 

・リバースアシスト

「リバースアシスト」とは、時速35キロメートル以下で走行した道筋を、50メートルまで記憶してくれる機能です。

例えば、住宅街の狭い道で迷ったあげく、その先は行き止まりだった。

また、山道で片側が切り立った崖に紛れ込んだ先が通行止め。

そんなときに自動で元来た道をバックで戻ってくれる機能です。

ハンドルもアクセル操作も不要、ボタンひとつで戻ってくれる便利な機能です。

 

今回の記事が動画でご覧になれます。

・トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラ「トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラ」は車を真上から見た視線で映し出すことで駐車する時のイメージを視覚的に分かりやすくするものです。車庫入れや縦列駐車が苦手な方にとって安心の装備です。 

・ステアリング&レーン・コントロール・アシスト

「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」は走行中に車線からはみ出した時に警告音と共にハンドル操作をアシストするもので、対向車との衝突を回避します。

 

・アクティブ・クルーズ・コントロール

「アクティブ・クルーズ・コントロール」とは予め設定しておいたスピード内で車をが自動的に加速させたり減速させたりできるものです。
前方の車との車間距離を適切に保つことで、渋滞時に起こりやすい衝突を回避します。

ボディー剛性

「BMW3」では、カーボンルーフが採用されており、軽量化と低重心を実現することで、高いボディ剛性を保ちながら優れた耐衝撃性能を実現しています。

車内にいる方の安全を図りながら、ガソリンの消費をおさえることができます。

「新型トヨタクラウン」と「BMW3」の安全装備を比較しましたが、いずれも衝突回避や衝撃を軽減させる装備が充実しており甲乙つけがたいものとなっています。
Sponsored Link

新型クラウンとBMW3シリーズ比較 まとめ

新型クラウン試乗レポート

いかがでしたか?

今回の記事では「新型トヨタクラウン」と「BMW3」の違いについて比較してみます。

両車とも車好きでなくとも名前は聞いたことがあるといっていいほど、知名度が高く、その名に恥じない装備を備えています。

購入しようとする車の燃費がどれくらいかや、内装や安全面などの装備はどうなのかは重要な部分です。

今回の記事を読んで「新型トヨタクラウン」と「BMW3」の違いを比較していただければと思います。

220系クラウン フルエアロ3点セット(デイライト付き)

クラウンを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

お客さんお客さん

クラウンはいくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

20万円か…やっぱり思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取り、一括査定はもう古い!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「ユーカーパック」なら一括査定のような営業電話もなく、最大5000社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・一括査定のように営業電話はかかってこない。

30秒であなたの車を無料査定