下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです。

今の愛車の条件を入力するだけで、無料」ですぐに価格がわかるので、まずは愛車の値段を調べることをオススメします。

 

 

日本の高級車の先駆者的な存在である「トヨタ クラウン」は1955年に誕生し、初代から60年以上もの間、ファンに愛されています。

そして、つい2018年6月に15代目が登場しています。

一方の「レクサス」は1989年にアメリカで販売が開始されました。

その後、日本では2005年から販売されています。

今回は「トヨタクラウン」と「レクサス」の見た目や内装、性能について比較してみます。

Sponsored Link

新型クラウンとレクサスのエクステリア比較

まず「トヨタクラウン」と「レクサス」のエクステリアについて比較してみます。

それぞれの見ための違いについて比較してみましょう。

 

クラウンのエクステリア

 

TOYOTAクラウン』と『NISSANフーガ』

「トヨタクラウン」にはスパッタリング塗装の18インチアルミホイールが標準装備されています。

スパッタリングとはコーティングする際に液体や高温気体にさらす事なくメッキ処理する方法のことです。

またフロントグリルにはブラック塗装とメッシュパターンが採用されており光沢があり、高級感のあるデザインとなっています。

 

レクサスのエクステリア

引用:https://lexus.jp/smp/models/is/

精悍なフロントグリルがスポーティーさをアピールしています。

またヘッドランプ小型化したことで引き締まった顔立ちになりました。

このように「トヨタ クラウン」は高級感を「レクサス」はスポーティーさを全面に押し出し、魅力的な車に仕上がっています。

 

Sponsored Link

新型クラウンとレクサスの内装比較

続いて「トヨタ クラウン」と「レクサス」の内装について比較してみました。

ここでは、シートについて解説します。

 

クラウン内装(シート)

引用:https://toyota.jp/crown/design/?padid=ag341

長距離ドライブは体への負担が大きいですよね?

「新型トヨタ クラウン」のシートにはシートマテリアルと呼ばれる本革が使用されています。

座り心地だけでなく、高級感のあるデザインとなっています。

 

レクサス内装(シート)

引用:https://lexus.jp/models/gs/features/luxury_interior/

「レクサス」のシートは高級感があるだけでなく、エアコンと連動した、シートヒーターやシートベンチレーションが標準装備されています。

エアコンと連動しているため、面倒な操作や設定が不要なのでとても便利です。

このように「新型トヨタ クラウン」と「レクサス」のシートは高級車ならではの装備が充実しており、車内で快適に過ごすことができます。

 

Sponsored Link

燃費や安全性能など機能はどう?

続いて「新型トヨタ クラウン」と「レクサス」の燃費や安全性能について比較してみます。

 

燃費

まずは燃費について比較してみましょう。

クラウンの燃費

クラウンの燃費はWLTCモードで計測されています。

排気量 燃費消費率
3.5L 12.7~17.7km/L
2.5L① 17.2~20.9km/L
2.5L② 14.9~19.4km/L
2.0L 8.7~15.1km/L

※2.5L②はグレード名に「Four」がついたタイプで、2.5L①がつかないタイプです。

 

レクサスの燃費

レクサスには様々なタイプがありますが、ここではセダンタイプについてご紹介します。

レクサスもWLTCモードで計測されています。

グレード 燃費消費率
LS 12.6~13.6km/L
GS 18.0km/L
GSF 8.2km/L
ES 20.6km/L
IS 10.2km/L

レクサスはグレードにより燃費にかなり差があります。

全体的には「トヨタ クラウン」の方が燃費が良いですが、「レクサス」のグレードESはクラウンと変わらない数値を示しています。

 

安全性能

続いて「トヨタ クラウン」と「レクサス」の安全性能について比較してみましょう。

 

クラウンの安全性能

「トヨタ クラウン」の安全性能は「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」と呼ばれています。

セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)の主な装備としては、

 

・自動(被害軽減)ブレーキ(対歩行者)

・ペダル踏み間違い時加速抑制装置

・​レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

などがあります。

 

「自動(被害軽減)ブレーキ(対歩行者)」とは、単眼カメラとミリ波レーダーが昼夜の歩行者や昼間の自転車を素早く検知し、ドライバーにブレーキ操作をするように警告音などて促すものです。

警告音でドライバーに知らせたにも関わらず、回避行動が取られなかった場合、強いブレーキ操作を行い危険の回避及び軽減させる装備です。

 

また、「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」とは、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を未然に防ぐ装備のことです。

オートマ車はマニュアル車と異なり、アクセルを踏んだ分だけ加速してしまいます。

この装備があれば、車庫入れや発進時に起こりやすい事故を減らすことができます。

 

レクサスの安全性能

「レクサス」の安全性能は「Lexus Safety System +」と呼ばれています。

基本的な装備は「トヨタ クラウン」と同じようなものですが、

「レクサス」特有の装備として「リヤクロストラフィックアラート/リヤクロストラフィックオートブレーキ」があります。

「リヤクロストラフィックアラート」とは、駐車場からバックする際に、ドライバーから見にくい左右後方から近づいてくる車両をレーダーで検知し、ドアミラーに内蔵されているインジケーターやブザーでドライバーに知らせるものです。

また「リヤクロストラフィックオートブレーキ」とは、レーダーで検知したにも関わらず、ドライバーが回避行動を取らなかった場合自動的にブレーキをかけるものです。

このように「トヨタ クラウン」と「レクサス」の安全性能はほぼ互角であると言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では「トヨタクラウン」と「レクサス」の見た目や内装、性能について比較してみました。

どちらの車も「日本を代表する高級車」という名声にふさわしい装備が充実しており、「いつかは是非乗ってみたい」と思われる方も多いでしょう。

今回の記事を読んで、「トヨタ  クラウン」と「レクサス」の魅力に触れていただけたらと思います。

 

クラウンを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

「クラウンが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型クラウンをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、クラウンの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

 

車の査定は後回しにすると損・損・損!!