下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです。

今の愛車の条件を入力するだけで、無料」ですぐに価格がわかるので、まずは愛車の値段を調べることをオススメします。

 

新型クラウン口コミ、評判、評価
新型クラウンの口コミや評価、評判を「乗り心地」「走り」「内装」「価格」などの点でまとめました。

またライバル車のレクサス、ベンツ、BMWなどと比較しながら口コミ、評価、評判を説明していきます。

Sponsored Link

新型クラウンはアスリート、ロイヤル、マジェスタはない?


引用:http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2018/01/FotoJet-1.jpg

2018年のクラウンから「スポ―ティーなアスリート」「豪華さを謳った伝統的なロイヤル」「ボディサイズが最大で最上級グレードのマジェスタ」ついになくなってしまいました。

先代の「アスリート」にあたるのがクラウンRSです。

そして、ロイヤルにあたるのがG/S、マジェスタにあたるのがG-Executiveといったグレードになります。

RSは2Lターボに8速ATが組み合わされ乗り心地を考慮して18インチホイールとなっています。

Sponsored Link

乗り心地の口コミは?

オーナーさんの口コミでは新型クラウンは「しっとりとした走り出し」追い越しや加速は力強いトルクとエンジンパワーでストレスのない走りと評判が良いようです。

またスポーツタイプらしく、ハンドルに伝わってくるタイヤの状態とグリップ感、また欧州車特有の突き上げを抑え視線がぶれないフラットな走りはとても評価が高いようです。

乗り心地でいえば、ライバル車であるベンツとBMWの中間といった感じです。

モードをコンフォートに切り替えると、電子制御サスペンションのおかげでクラウンらしい乗り心地になるのが評判のようです。

2018新型クラウン内装

シートはちょっと硬めの印象があるので、ここは好みによって分かれそうです。

リアシートの広さは、ライバル車の中ではクラウンがトップです。

ただ背の高い人は頭上がちょっとタイトに感じるかもしれません。

2018新型クラウンリアシート内装

Sponsored Link

新型クラウンのマイナス評価

クラウンは静粛性の高さも評判が良いのですが、1つ気になる点があります。

それが、サイドミラーまわりから聞こえる「風切り音」です。

また、ドライブアシストですが、このシステム自体が控えめすぎるため、あまり支援してもらっている感がないという点。

スムーズさを優先してるのか、アクセルを踏み込んだ時のキックダウンで加速するまでのタイムラグがあるといった点がマイナス評価です。

キックダウンとは?
キックダウンとは、AT車に限りアクセルを大きく踏み込んだ時にギアが自動的に低速のギアへと切り替わり急加速することを言います。

具体的には、アクセルストローク(アクセルベダルの動く範囲)の7/8ほど踏み込んだ際に作動します。

高速道路での合流や上り坂でパワーが落ちてきたときに活用されたこともあるのではないでしょうか。

新型クラウンの内装の評判は?

新型クラウンの内装は高級感はそこそこと言った感じです。

高級感ではベンツのEクラスやBMW5クラスの方が一歩リードしています。


引用:https://cobby.jp/wp-content/uploads/2017/08/180627_crown-modelchange-07.jpg

先代クラウンから引き継いだ上下2分割のダブルモニターは好みにもよりますが、位置が高めなので運転中の視線移動が少なくてすむという良い口コミもありますが、直感的な操作がやりづらいといったマイナスの口コミもあります。

また、内装カラーはベージュ系の本革が人気が高く、手触り、座り心地も良いとった口コミがあります。

最近の車はモデル変更のたびに、ボディサイズを大型化する兆候にありますが、新型クラウンのサイズは先代とほぼ変わりません。

日本の道路事情を考えて作られた使い勝手のいいサイズを貫き通しています。

ボディーカラーは何色が人気?

新型クラウンはカラーバリエーションがとても多いので、たくさんの種類から選ぶことができます。

基本的なボディーカラーは13色ですが、「B」グレード以外だとジャパンカラーセレクション6色が追加されます。

ジャパンカラーセレクションはオプション10,8000円で選択することができます。

人気ボディーカラーランキングは

・3位がシルバーメタリック

・2位がブラック

そして1位がホワイトパールクリスタルシャインとなっています。

やはり奇抜なカラーよりホワイトやブラック、シルバー系が評判が良いみたいですね。

ホワイトパールクリスタルシャイン

ブラック

シルバーメタリック

ちなみにあまり評判の良くないカラーは13位が翡翠(ヒスイ)、12位が夜霞(ヨガスミ) 11位が茜色(アカネイロ)となっています。

ジャパンカラーセレクションはあまり評価がよくないようです。

翡翠

夜霞

茜色

ボディーカラーは売却時のことを考えれば、やはり人気の高い色を選ぶのがおすすめです。
一般的に評判のいいカラーは売却時や下取りで高く買いとられることが多いです。

新型クラウンの走りの評判は?

新型クラウンの排気量

いろんなシチュエーションに共通して、クラウンRSは車体の姿勢変化が少なく安定した走りができます。

変速時の滑らかさやストレスのない加速、街乗りでの乗りやすさ、峠道などのワインディングでも適度なロールで安心して運転することができるといった口コミが多いです。

ステアリングに伝わってくるタイヤからのグリップ感覚、常に4つのタイヤが路面をつかんでいるといった感覚も運転していて楽しいといった口コミがあります。

 

走りをスポーティにしたせいか、クラウンの持ち味の「ふわっ」とした乗り心地は薄くなったように感じます。

なかでもアスリートの代わりに生まれたRSは明らかに足回りが固いといった評価がなされています。

 

また、新型クラウンの中で一番排気量の大きい3.5Lの加速力はハンパではありません。
WRXのSTIやシビックタイプRをも超すほどの加速力です

グレードにかかわらず、「走る」「曲がる」「止まる」といった車の基本性能や乗り心地などの性能はレクサスを含むトヨタ車の中で一番優れているという評価もあります。


引用https://amd.c.yimg.jp/amd/20180726-20104105-carview-000-13-view.jpg

トランクスペースの評判は?

トランクはひとことで言えば、満足できる広さという口コミや評判が多いです。

ベンツやBMW、レクサスに比べて圧倒的にクラウンが広いです。

2.0ターボと2.5ハイブリッドはほぼ同じサイズとなっていますが、3.5ハイブリッドは少し狭くなっています。

しかし、4つのゴルフバッグを入れることができるほどの容量はあるので満足といった評判のようです。

新型クラウントランク、口コミ、評判、評価
引用:https://car-traffic.net/wp-content/uploads/2018/06/crw1806_39_s.jpg

ただ、ほかのライバル車種に比べてクラウンRSだけが電動開閉できないのはマイナスです。

(グレードによっては電動開閉できます。)

クラウンほどの高級車がなぜ電動トランクではないのか?

それにはちゃんと理由があるのです。

その理由は「トランクスペースを大きく取りたいから」です。

電動にするとモーターやステーの関係でトランク自体の容量が小さくなってしまいます。

それをあえて手動にすることで、トランクスペースの広さを確保しているというわけです。

後部座席からトランクに通じるトランクスルーもライバル車3車種はついてますが、クラウンRSはありません。

新型クラウンで一番人気グレードは?


引用:https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/userstorage/000/043/948/440/b1b2bbd536.jpg?ct=e6f718299570

全部で21グレードある新型クラウンのなかでも「2.5Lハイブリッド」が予約状況から今のところ一番人気となっています。

やはり燃費がリッター24㎞という点が高く評価され、実燃費も街乗りで20㎞/L近くになるという口コミもあります。

ガソリン車の場合、燃費はハイブリッドにはかないませんが、それでもクラウンRSで実燃費が10~13㎞/Lといったオーナーさんの口コミがあります。

ラージセダンとしては、まずまずの燃費と言えるのではないでしょうか。

 

エコモードやノーマルモード、スポーツモードに切り替えることでシチュエーションにより燃費やパワーの使い方を選ぶことができます。

ハイブリッドがモーターとエンジンの組み合わせで加速力も満足できるレベルです。

新型クラウンの価格の評判は?

新型クラウンで一番安いグレードが「B」で価格は4,606,200円で、最高峰グレードがGエグゼクティブで価格は7,187,400です。

ここまでベンツEクラス、レクサス、BMW3シリーズの3車種といろいろ比較してきましたが、ほかの車種と比べて100万円以上安い価格で購入できるという点は評価が高いです。

それでも、走りの実力は非常に高く、十分に1番に評価する価値のある車といえます。

最近は室内を広くするために、FF(前輪駆動)セダンが重宝されていますが、クラウンに乗ってみるとFR(後輪駆動)でなければ得られない魅力があります。

2018新型クラウンコネクティッドカー

また、最新のドライブアシスト機能やコネクティッドカーというトヨタのオペレーターとコンタクトして、ナビゲーションやホテル、レストラン、航空券の予約など様々なサービスを受けることができます。

ベンツのCクラスやBMW3シリーズと迷っているなら、新型クラウンも候補として検討をおすすめします。

 

新型クラウンは総合的にとても完成度の高い車です。

しかし、その分車両価格も安くて500万円近くします。

新車は購入時に値引きをしてもらえますが、さらに今のあなたの愛車を高く売ることで購入費にあてることができます。
しかし、トヨタのディーラーや中古車販売店で査定してもらうと絶対に損します!

今のあなたの愛車を高く売る方法は下の記事をご覧ください。

クラウンについてもっと知りたい方へ

クラウンを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

「クラウンが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型クラウンをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、クラウンの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

 

車の査定は後回しにすると損・損・損!!