元ディーラーマンが暴露する!クラウンの値引き額がさらに50万円以上安くなる方法!

TOYOTAクラウン』と『NISSANフーガ』

クラウンを50万円以上安く購入できる方法を知ってますか??

 

車を購入された方は知っていると思いますが、普通に交渉しただけではあまり安くなりません。

その理由は、車の値引き率は車両格の約10%、300万円の車なら値引きは良くて30万円ほどです。

 

ところで、あなたが今乗っている車、一体いくらで売れるか分かりますか?

その金額がはっきり回答できないようであれば、値引き交渉は絶対に失敗します!

 

逆に言えば、その金額が分かれば、あなたが交渉ヘタであっても、ディーラーとの値引き交渉に失敗することはなくなります!

今の車の必要条件を入力するだけで、無料ですぐに価格がわかるので、まずは愛車の値段を調べることをオススメします。

 

200系クラウン・アスリート維持費と評判

2008年~2012年まで発売されていた「トヨタクラウン」の200系。

その中のアスリートモデルについてライバル車との燃費比較・維持費・評判などについて紹介していきます。

 

200系クラウン・アスリート

「引用:https://gazoo.com/catalog/maker/TOYOTA/CROWN/200802/10060417」

 

スポンサードリンク

【クラウンアスリート】グレード

200系クラウン・アスリートには、大きく分けて2.5Lモデルと3.5Lモデルがあります。

駆動方式はほとんどがFRで、2.5Lモデルの「i-Four」というグレードにのみ駆動方式が4WDとなっています。

 

 

200系クラウン・アスリート 運転席

「引用:http://img.carsensorlab.net/CSphoto/catalog/TO/S056/TO_S056_F003_M002_3_L.jpg」

 

通常グレードに加えて、3.5Lモデルには「Gパッケージ」という、本皮シートやリヤパワーシート、リヤサンシェードを装備する最上級グレードがあります。

また、2.5Lモデルにはチルト、テレスコピックステアリング(ハンドルの位置調整機能)、シートの位置調整を電動から手動へと変更した廉価グレードの「スペシャルパッケージ」もあります。

これ以外にも特別仕様として「アニバーサリーエディション」や「アニバーサリーエディション ムーンルーフパッケージ」などがあります。

 

 

スポンサードリンク

【クラウンアスリート】安全装備やスペック

グレードについてわかったところで、装備やスペックのことについてみていきましょう。

200系クラウン・アスリート安全装置

 

安全装備

クラウン全車に搭載されているものとしてVDIMがあります。

これは、横滑り防止装置、アンチロックブレーキシステム、電子制御ブレーキシステム、トラクションコントロールシステム、電動パワーステアリングなどの各走行安定装置を電気的に接続してコンピュータで制御する「統合車両姿勢安定制御システム」です。

これにより、急制動、急旋回時や凍結路面などにおける危険回避性能をより高めています。

 

また、ドライバーモニター付きプリクラッシュセーフティシステムも搭載されています。

このシステムは、従来のミリ波レーダーによる車両、障害物を検知することに加え、ドライバーの顔の向きや上下瞼の位置を検出し、目を閉じてるのか開いてるのかを判断する事ができます。

これにより、ドライバーが正面を向いていない状況に加えて、眼を閉じている状態で衝突の危険がある場合、より早いタイミングで警報を発する事ができるようになったのです。

 

スペック

クラウン・アスリートのエンジンは、前述した通り2.5Lモデルと3.5Lモデルがあります。

双方ともにV型6気筒エンジンで、無鉛プレミアムガソリン(2.5Lモデルの後期型からはレギュラー)となっています。

エンジンスペックについては

 

3.5Lモデル

エンジン形式:2GR-FSE

総排気量:3456cc

最高出力:315PS/6400rpm

最大トルク:38.4kg・m/4800rpm

 

2.5Lモデル

エンジン形式:4GR-FSE

総排気量:2499cc

最高出力:203ps/6400rpm(後期型)

最大トルク:24.8kg・m/4800rpm(後期型)

 

となっています。

 

トランスミッションは全グレードに、6速オートマチックトランスミッションの「6 Super ECT」を搭載しています。

 

車両重量は、3.5Lモデルが1650kg、2.5Lモデルは1610kg、2.5Lifourでは1700kgです。

 

 

スポンサードリンク

【200クラウンアスリート】カタログ燃費と実燃費について

ここまで、スペックを見ていきましたが、燃費はどうなのかみていきましょう。

ここでは、クラウン・アスリートのグレードを「3.5アスリート」「2.5アスリート」「2.5

アスリートi-four」の三つに分けてご紹介します。

 

200系クラウン・アスリート燃費比較

引用:http://cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/004/524/376/4524376/p1.jpg?ct=7ddea620ee93」

 

カタログ燃費

早速、カタログ上の燃費を見ていきましょう。

3.5アスリート:10.0km/L(10モード/10・15モード)

2.5アスリート:12.4km/L(10モード/10・15モード)

2.5アスリートi-four:11.6km/L(10モード/10・15モード)

となっています。

 

4WDモデルである「i-four」は他のグレードより車両が重くなっているので燃費は下がってしまっています。

 

ライバル車との燃費比較

実燃費の前に、同時期に発売していた同クラスの国産スポーティーセダンとカタログ燃費を比較してみましょう。

今回は、「2.5アスリート」で比較してみます。

 

トヨタ・クラウン「2.5アスリート」:12.4km/L

レクサス・GS250  10.3km/L(-1.9)

日産・スカイライン「250GT」11.2km/L (-1.2)

日産・フーガ「250GT」8.4km/L(-4.0)

ホンダ・アコード「タイプS」11.6km/L (-0.8)

※()内は「2.5アスリート」との差

 

以上のようにクラウン・アスリートはライバル車種よりも若干燃費に優れています。

これは、「D-4」などの燃費向上装備による恩恵を受けているからだと思われます。

ただし、他車種に比べて、若干出力は劣っています。

 

実燃費

では、自動車情報統合サイトから「クラウンアスリート」を選択した結果の平均的な実燃費をみていきましょう。

燃費は、2.5L、3.5Lモデルともに約10km/Lとなっています。

排気量の差はあれど、低燃費を心がける運転をしていけば、お互いの燃費に差はほぼ無いようです。

 

より詳しく実際の燃費を検証したデータはこちら

 

次に、実際に乗っている人達の口コミをもとにした値を紹介します。

一般道では、STOP&GOが多いためか8~9km/Lが実燃費となっているようです。

高速道路では、基本的に巡航走行になる為、燃費が伸び、実燃費は12km/Lが平均的な値になっています。

また14km/Lを記録したという人もいるので、走行状況によっては、クラス屈指の低燃費を発揮できるでしょう。

 

ただ、燃費を気にせず乱暴な運転をすれば燃費はガクッと落ち込み、2.5Lモデルでは5~6km/Lとなり、3.5Lモデルでは、瞬間燃費3km/Lにまで落ちてしまうようです。

 

 

【200クラウンアスリート】維持費と評判

 

ここまで、スペックや燃費について見てきましたが、実際にどれくらいの維持費が掛かるのか、またクラウン・アスリートに関する評判を紹介していきます。

200系クラウン・アスリート維持費と評判

引用:https://221616.com/corism/articles/0000078301/crsm0000000000.JPG

 

200クラウンアスリートの維持費

 

まずは、年間で維持費が大体どのくらいかかってくるのかを計算してみましょう。

今回は、月間400km走行し、1、5、8月にプラス200km走行すると仮定します。

合計すると年間5400km走行していることになります。

 

クラウンアスリートの燃費が10km/Lと仮定し、燃料タンクが71Lなので1回の給油で710km走れます。

年間5400kmを走るには年間8回給油しなければなりません。

毎給油ごとに満タン入れ、146円/Lで換算すると、82,928円となります。

 

また、半年ごとにオイルを変え、1年ごとにオイルフィルターとタイヤを交換すると、年間で約48,000円です。

(タイヤの種類もグレードにより金額が変わってきます。)

合算すると約131,000が年間にかかってきます。

(あくまでも目安ですので、走行距離により異なります。)

 

心配なのは、故障した場合の修理費ですが、さすがトヨタというべきか口コミでも故障はほとんどみられませんでした。

なので、故障時の修理費は気にしなくても大丈夫でしょう。

 

200クラウンアスリート評判

それでは最後に、200系クラウン・アスリートの評判について紹介していきます。

良い点、不満な点を見ていくと

 

良い点:

「乗り心地が良い」

「静かな割によく走る」

「シートヒーターなどの快適装備が充実している」

「小回りが利く」

 

不満な点:

「後部座席が若干狭い」

「少し大人しく感じる」

「オーディオの調整機能が少ない」

 

このようになっています。

 

全体的に評価が高く、不満な点がない、という人もいます。

不満な点は人それぞれ違いますが、上記以外に「内装にコストダウンの証がみられる」というものもありました。

 

総評としては「飽きることがなく、楽しめる車」という意見が多数です。

高級感を出しながらも、楽しく走れる車なのでしょう。

高級セダンとしてのクラウンにスポーティーな味を加えたクラウン・アスリート。

その中の200系は今、中古車で200万円前後の値段で買えるようになってきました。

高年式ゆえの洗練されたデザインとそのパワートレインは、ドライバーに所有感と楽しさを与えてくれます

是非皆さんもこの200系クラウン・アスリートに乗ってみてください!

クラウンについてもっと知りたい方へ

もし下取り車があるなら、200クラウンアスリートを安く買える方法があります。

とてもかんたんなので、ぜひ参考にしてくださいね!

クラウンを値引き額から、さらに安く購入する方法!

自分の愛車の査定額を知らずに、ディーラーに行くと必ずします!

実際どのくらい差が出たのかをご紹介します。

この車はディーラーでの下取りを含めた値引きが250,000円でした。

まだ、比較的新しい車ということもあり

「えっ?? そりゃないよ~

ということで一括査定で無料査定してもらうと?

適正価格はなんとディーラーよりも20万円も高い買取金額でした。

その後、ディーラーへ行き「買取店で45万円という査定額だったのですが」

と伝えてみると、検討するとのことで2日ほど待たされましたが

「今回購入してくれるなら、2万円上乗せして47万円で下取りします。もう限界です…」との回答。

最初の値引きが限界と言いつつ、一括査定の金額を提示すると25万⇒47万=22万のアップです!

安心車.JPなら無料で10社の査定が受けられる

「安心車.JP」が人気なのは、メーカーや車種、年式など、たった1分ほどのかんたんな入力で、しかも無料であなたの車の下取り価格がわかること!

「安心車.JP」はあなたの車をより高く売ることができる一番の方法です!

「安心車.JP」に登録している買取業者は「ガリバー」「アラジン」「TAX」といった優良企業が50社以上!!

・車両情報などを入力して無料ですぐに査定

・一番高い金額を提示してくれた業者さんに売るだけ

・満足できない査定額の場合はもちろんキャンセルOK!

車を乗り換える前に、まずは、事前に愛車の本当の買取額を知っておくことが大切です。

ディーラーで思ったより安い下取り価格を出されたら

「買取り店では90万円という価格が出ているので、こちらでその金額が無理なら買取りしてもらう予定です。下取りなしの条件で値引きがいくらまでできるのか提示してください。」

つまり、あなたの愛車の相場をあらかじめ知っておけば、交渉で損しない価格にまで持っていくことが可能になります。

お客さんお客さん

なるほど!どちらにしても愛車の相場は知っておいた方が損しないんだね!

↓こんな感じでかんたんに入力するだけで、今の愛車の相場や最高買い取り価格無料ですぐに分かります!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!