元ディーラーマンが暴露する!クラウンの値引き額がさらに50万円以上安くなる方法!

TOYOTAクラウン』と『NISSANフーガ』

クラウンを50万円以上安く購入できる方法を知ってますか??

 

車を購入された方は知っていると思いますが、普通に交渉しただけではあまり安くなりません。

その理由は、車の値引き率は車両格の約10%、300万円の車なら値引きは良くて30万円ほどです。

 

ところで、あなたが今乗っている車、一体いくらで売れるか分かりますか?

その金額がはっきり回答できないようであれば、値引き交渉は絶対に失敗します!

 

逆に言えば、その金額が分かれば、あなたが交渉ヘタであっても、ディーラーとの値引き交渉に失敗することはなくなります!

今の車の必要条件を入力するだけで、無料ですぐに価格がわかるので、まずは愛車の値段を調べることをオススメします。

 

トヨタクラウンアスリート200系の故障、不具合

2018年6月に新型クラウンが出たということで、クラウンアスリート200系・210系の中古相場も少しは変わってきたようです。

まだまだ人気の200系・210系ですが、中古車で購入する場合、前のオーナーがどんな乗り方をしていたのか気になりますね。

中古車を購入して1年もたたないうちに、故障や不具合などのトラブルが発生しては最悪です。

今回は、クラウンアスリート200系・210系の故障や不具合など実際のトラブルを「みんカラ」のレビューや「YAHOO知恵袋」に投稿されている情報をもとに整理してみました。

 

スポンサードリンク

クラウンアスリート200系中古車の故障、不具合

2008年にデビューして、2010年2月にマイナーチェンジその後2012年まで販売された200系クラウン(13代目)ですが、販売中止からもう6年が経過しています。

一番古い2008年式の場合、10年落ちということになります。

200系のクラウンアスリートで特に故障や不具合のトラブルが多い箇所を伝えします。

クラウンアスリート200系・ブレーキオイル漏れの不具合

トヨタクラウンアスリート200系ブレーキ故障

引用:https://www.goo-net.com/pit/shop/0126307/blog/70473

ブレーキマスターシリンダー内のゴムパッキンの劣化が原因でオイル漏れを起こす恐れがあります。

もしブレーキオイルが漏れて適正な量から減っていたら、最悪な場合ブレーキが効かなくなるという非常に危険な恐れがあります。

中古車を購入する場合、エンジンルームを見て、ブレーキオイルリザーバータンク周りにオイル漏れのあとがないかしっかりチェックしましょう。

また、運転していて短期間でブレーキオイルが減少する場合、故障のサインですすので気を付けましょう。

 

実際、平成22年6月~24年3月に生産されたクラウンアスリート

 

・GRS200 2.5L

・GRS201 2.5L 4WD

・GRS204 3.5L

 

については、ブレーキのマスターシリンダーからオイルが漏れるという不具合が多発しており、リコールの対象となったことがあります。

 

クラウンアスリート200系・燃料漏れによる不具合

トヨタクラウンアスリート200系燃料漏れ

 

こちらもブレーキと同じくらい危険な不具合です。

エアコンを外気導入にした場合、ガソリン臭のにおいがしてくるというトラブルです。

クラウンアスリート200系は内装も高級車にふさわしく豪華なのに、エアコンからガソリン臭がしてきたら台無しですね。

しかも非常に危険です。

H20年1月~24年4月に生産されたクラウンはエンジンルーム内で燃料が漏れるという故障が起きています。

この不具合もリコールの対象となりました。

燃料配管でガソリンを送るためのデリバリーパイプの圧力を計測するセンサー部分が少しずつ緩んでいき燃料漏れが発生するそうです。

もしガソリンが大量に漏れ、エンジンなど高熱部分にあたり引火したら恐ろしいことになってしまいます。

燃料漏れの対象となるのはグレードは以下になりますので、古車で購入する場合は修理が終わっているか確認してから購入しましょう。

 

GRS200 2.5ロイヤル、2.5アスリート

RS201 2.5ロイヤル4WD、 2.5アスリート4WD

GRS202 3.0ロイヤル、GRS203 3.0ロイヤル4WD

GRS204 3.5アスリート

200系クラウンが複数あてはまり、なんと不具合の対象台数は約12万6000台という数に上っています。

 

クラウンアスリート200系、足回りの故障

トヨタクラウンアスリート200系足回り故障

引用:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/586952.html

 

ノーマルの状態で乗られていたクラウンは特に問題はないのですが、車高調やダウンサス、バネカットなど、ローダウン(車高を落とした状態)によくある不具合です。

この場合、AFSの警告灯がつきっぱなしになるというトラブルです。

年式に伴いセンサー自体が誤作動を起こすこともありますが、原因はほとんどローダウンのようです。

 

  • 足回りを交換した際、センサーをいじってしまい、元にもどしていない。
  • 車体の前後の車高に差があるため、センサーが作動して異常と感知しています。

 

この不具合は、200系固有のトラブルで実際は99%が足回り変更の際 センサーを戻さなかったということが原因のようです。
一度、足回りをすべてノーマルに戻したら、AFSの警告灯が消えるならローダウンが原因ということになります。

またはセンサーの取り付け位置をかえるという処置もあります。

センサーの位置は2パターンしかないので一度ボルトを緩めてセンサーを正しい位置にすればAFSの警告灯は消えます。

 

クラウンアスリート200系、オルタネーターの故障

トヨタクラウンアスリート200系オルタネーター故障

引用:http://www.biz-newspaper.com/value/alternative.html

クラウンに限らず、中古車全般に多い故障がオルタネーターです。

これは経年劣化により故障が避けられないパーツです。

 

オルタネーターとは??
現在の車にはさまざまな電装品が装備されています。
エンジンを動かすだけでも、ECU、インジェクター、スパークプラグが電気よって動作しなければエンジンは動きません。
オルタネーターは、エンジンが回転する力の一部を電力に変換し、車に必要な電力を供給する装置です。
余った電力はバッテリーに蓄えられ、エンジン始動の際のセルモーターの電源に使われるため、非常に重要な装置といえます。

 

オルタネーター内のブラシ限界近くまで摩耗すると、ほとんどの場合は、発電できなくなり

 

  • バッテリーが上がる。
  • エンジンがかかりにくい、もしくはかからない。
  • 運転中にもかかわらずエンジンが止まる。
  • バッテリーを新品にしてもすぐに上がる

 

という場合には、オルタネーターの故障が挙げられます。

こうなると交換する必要があります。

寿命は走行距離10キロが目安となっていますが、車によっては20万キロまでもつこともあります。

オルタネーターは中古のビルド品を取り付けた場合でも4万から5万円ほどがかかります。

 

クラウンアスリート200系、エアコンのコンプレッサーの故障

トヨタクラウンアスリート200系の故障エアコンコンプレッサー

引用:http://replacemento.cart.fc2.com/ca26/66/

 

エアコンガスを圧縮する「コンプレッサー」

コンプレッサーとは??

コンプレッサーとはもちろん冷房のためのパーツです。車の中の温度を快適に保ってくれるエアコンの機能を担っています。ですので夏に大活躍します。暑い夏にエアコン無しでドライブなんて考えられませんよね。。。つまり、直接走行には関係の無いパーツですが、自動車には無くてはならない部品がエアコンコンプレッサーです。

車だけでなく室内のエアコンもコンプレッサーが使われています。もともとの意味としては「圧縮機」のことです。空気やガスなどの気体に圧力をかけてぎゅーっと圧縮してしまう部品のことです。圧縮装置とも呼ばれます。

 

200系クラウンのエアコンのコンプレッサーも年式が古くなるにつれて故障が多いパーツです。

エンジンルームから「ガラガラ」と異音が聞こえてきたり、コンプレッサー自体が焼付いたりと不具合が発生します。

コンプレッサーの交換は関連パーツを交換する必要もあり、10万~20万円と高額な修理代がかかることがあります。

コンプレッサーは使わなければ、逆に早く劣化してしまうパーツです。

定期的にクーラーを付けてコンプレッサーを稼働させてやることが長持ちさせるポイントです。

通常車用のコンプレッサーに寿命は7年と言われているので、中古車を購入するときは、年式にも注意して選ぶ必要があります。

 

スポンサードリンク

クラウンアスリート200系、故障・不具合のまとめ

トヨタクラウンアスリート200系

クラウンアスリート200系の中古車で故障や不具合の多い箇所をお伝えしましたが、中古車だからその箇所が絶対に壊れるというわけではありません。

前オーナーの乗り方や、使用環境なども影響してきます。

 

200系クラウンは古いものでは10年落ちになりますが、10年落ちののクラウンなんてその辺 わんさか走ってますよ!

クラウンは軽やコンパクトカーなどと違い高級車なので作りはしっかりしています。

 

オイル交換等を定期的にしていれば、20万キロぐらいは余裕でいけます。
僕の知り合いですが、180系で現在20万キロ以上、200系で15万キロ以上乗っている友人がいます。

 

ただ排気量や税金面で維持コストが高いのは事実です。

でも、それは、高級車クラウンを持つという以上納得して買う物です。
維持費が気になるなら軽が一番です。

全員が「これはいい車!」と納得する車種なんてありません。

大事なのは、あなたが「クラウン」を好きかどうか。

そして、クラウンを維持できる余裕があるなら、その車を買う。
維持できないなら、他の車にする。

自分の好きな車の悪い口コミがあるから止めようかな?

というのは間違いです。

人生は1度きりです。

あなたが後悔しないように本当に欲しい車を買うべきではないでしょうか。

クラウンアスリート200系の中古車を購入するなら、お得に購入する方法があるので試してみてくださいね!

クラウンについてもっと知りたい方へ

クラウンを値引き額から、さらに安く購入する方法!

自分の愛車の査定額を知らずに、ディーラーに行くと必ずします!

実際どのくらい差が出たのかをご紹介します。

この車はディーラーでの下取りを含めた値引きが250,000円でした。

まだ、比較的新しい車ということもあり

「えっ?? そりゃないよ~

ということで一括査定で無料査定してもらうと?

適正価格はなんとディーラーよりも20万円も高い買取金額でした。

その後、ディーラーへ行き「買取店で45万円という査定額だったのですが」

と伝えてみると、検討するとのことで2日ほど待たされましたが

「今回購入してくれるなら、2万円上乗せして47万円で下取りします。もう限界です…」との回答。

最初の値引きが限界と言いつつ、一括査定の金額を提示すると25万⇒47万=22万のアップです!

安心車.JPなら無料で10社の査定が受けられる

「安心車.JP」が人気なのは、メーカーや車種、年式など、たった1分ほどのかんたんな入力で、しかも無料であなたの車の下取り価格がわかること!

「安心車.JP」はあなたの車をより高く売ることができる一番の方法です!

「安心車.JP」に登録している買取業者は「ガリバー」「アラジン」「TAX」といった優良企業が50社以上!!

・車両情報などを入力して無料ですぐに査定

・一番高い金額を提示してくれた業者さんに売るだけ

・満足できない査定額の場合はもちろんキャンセルOK!

車を乗り換える前に、まずは、事前に愛車の本当の買取額を知っておくことが大切です。

ディーラーで思ったより安い下取り価格を出されたら

「買取り店では90万円という価格が出ているので、こちらでその金額が無理なら買取りしてもらう予定です。下取りなしの条件で値引きがいくらまでできるのか提示してください。」

つまり、あなたの愛車の相場をあらかじめ知っておけば、交渉で損しない価格にまで持っていくことが可能になります。

お客さんお客さん

なるほど!どちらにしても愛車の相場は知っておいた方が損しないんだね!

↓こんな感じでかんたんに入力するだけで、今の愛車の相場や最高買い取り価格無料ですぐに分かります!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!