売り上げNo1ディーラーが教える最安値で購入できる方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車.jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・50万円の差が出たことも!

1分であなたの車を無料査定してみる

人気の軽自動車は装備や室内が広い分、最近は価格が200万円近くします。

ひと昔前までは奥さんの「セカンドカー」として購入する人もいましたが、この価格ならメインの車としてもいいくらいですね。

一方、中古セダンは価格の幅も広く、うまく探せば極上の中古車に出会うこともあります。

今回の記事では、新車の軽自動と中古セダンをいろんな面から比較して、買うならどちらがいいのかをお伝えします。

価格の面だけではなく、燃費などの維持費からも検証していきます。

今回の内容で軽自動車や中古セダンに対する考えかたが変わるかもしれませんよ!

Sponsored Link

軽自動車のメリット・デメリット

人気新車の軽自動車の価格について紹介してきます。

人気車種として知られているのはホンダ・N-BOX、ダイハツ・タント、スズキ・スペーシアと言った軽ミニバンというジャンルのクルマです。

いずれもメリットは多く、高い燃費、荷室を含めた内部スペースの広さ、そして税金や車検が安いといったランニングコストの良さが代表的と言えます。

このように一言で言えば、これらの車種はとてもコストパフォーマンスの良いクルマと言え、多くの方が買い求めている人気の軽自動車です。

メリットの多い軽自動車ですが、デメリットも存在します。

それは価格です。

軽自動車の価格と言えば、かつては100万円に満たない金額で購入できました。

しかし、最近の軽自動車は普通乗用車並みの装備や需要の高さによって価格設定の高騰が起こっています。

先ほど例にあげた車種のそれぞれの価格を上げていくと

ホンダ・N-BOXが141~192万円

ダイハツ・タントが124~176 万円

スズキ・スペーシアが127.4万円~190.8万円です。

このように200万円に迫る価格設定となっており、それぞれのメーカーの普通乗用車、例えばホンダであればフィット、ダイハツであればロッキー、スズキであればソリオ等が購入できてしまう価格と言えます。

このように取得価格が高いのがデメリットなのです。

これ以外にも高速道路ではどうしてもパワー不足のため、追い越し車線でそれ相応のスピードで走ろうとするとターボ付きのモデルでもやや物足りなさを感じます。

Sponsored Link

中古セダンの価格は意外に安い!

では中古セダンを見ていきましょう。

普通乗用車と言えば、かつてはセダンがその主流でした。

このセダンは購入価格こそ、現在でも軽自動車より価格で上回っていますが、中古セダンになるとその価格は逆転することも珍しくありません。

中古セダン

主要なクラウン、スカイライン、レクサス、マークX、そしてBMWと言った人気の中古セダンの価格を紹介してくと意外に購入価格が安いことが分かります。

クラウンであれば、2010年のモデルであれば30万円程度からありますし、スカイラインも2010年のモデルであれば30万円を切ることすらあるのです。

同様に レクサスのフラッグシップLSを例にあげると、新車では1000万円をゆうに超えるLSも2010年モデルでは100万台で購入できます。

レクサスのラインナップで最も車格の低いISに至っては30万円クラスのモデルもあるのです。

マークXも中古セダンになると非常に安価です。

2010年モデルに至っては30万円台で売っていることも珍しくありません。

外国車も中古セダンはねらい目です。

小型な車格のBMW3シリーズセダンは2010年モデルで40万円程度、ミドルサイズの5シリーズセダンも同様の年式で50万円台、そしてフラッグシップとも言える7シリーズでさえ100万円を切っています。

これらの中古セダンも現行であれば400万円以上するのに、10年型落ちすると軽自動車よりもはるかに安価なものばかりです。

「安いのはいいけど、走行距離が気になる・・」という方もいるでしょう。

たしかに、年式の古い車は走行距離もそれなりに多いのは事実です。

しかし、車はメンテナンスをしっかり行えば走行距離10万キロなんてのは通過点にすぎません。

逆に10万キロ以内にエンジンが故障する車もあれば、15万キロ走っても消耗品以外にトラブルがないという車もたくさんあります。

海外では20万円キロ以上の走行距離の車も存在するので、一概に何キロなら大丈夫!と言い切ることはできません。

タクシーなんて40万キロ走るのですから、10万キロ越えは危険!は昔の話です。

維持費や燃費はどのくらいの差があるか

購入価格が時に新車の軽自動車の半額で購入できるのが中古セダンです。

新車の軽自動車に乗るなら、中古セダンを購入するという手もありと言えるのではないでしょうか。

もちろん購入価格が半額程度の100万円の価格差があったとしても気になるのが維持費や燃費です。

維持費は、税金で言えば中古セダンと軽自動車では最大8万円程度の差が毎年あります。

車格の小さなレクサスISやBMW3シリーズなどではそこまで差は出ません。

保険料もネットの保険料を利用していれば、年間数万円程度の差で済みます。

オイル交換やウォッシャー液など液料関係も年間1万円の差程度ですし、気になる車検も安いところで通せば4~5万円程度の差です。

税金等の維持費については中古セダンは軽自動車に比べると悪いと言えます。

 

燃費は中古セダンは基本ハイオクでリッター8~10キロ程度、軽自動車はレギュラーで20キロです。

燃費だけ見ると圧倒的な差ですが、ある程度走ったとしても年間10万円程度と言えます。

このように燃費や維持費を加味しても支払総額で中古セダンが軽自動車を超えるのは早くても5~6年後程度です。

その間、各メーカーが最高の技術や最高の素材を使ったクルマを乗るのは気分的にも良いと言えます。

中古といえども高級セダンに乗っていると「いい車乗ってるね~」と周りの人によく言われるというユーザーの話も聞きます。

確かに中古セダンも一度致命的な故障を起こしてしまうと、修理費が非常にかかるため一気に新車の軽自動車へ軍配が上がってしまいます。

しかし、そうでなければ中古セダンでも十分です。

特にクラウンは大きな故障が少なく中古セダンとしてはねらい目の車です。

Sponsored Link

新車の軽自動車と中古セダン まとめ

新型軽自動車と中古セダンは、購入価格が2倍以上違うケースもあります。

しかし中古セダンも当時の最新技術を多数盛り込んだ仕様となっており、中古とはいえ内装も非常に豪華です。

10年前のセダンでさえエアコンのルーバーはスイングしますし、とにかく車内がゆったりしています。

また、大事に乗っていたものであれば独特の風格を持ち、軽自動車では味わえない上質な空間を提供してくれます。

確かに年間の維持費はセダンの方が高くなりますが、5年程度であれば支払総額は中古セダンが安いことも多い傾向です。

このように中古セダンをあえて買うというのもありと言えます。

中古セダンの購入を迷っている方は、今の愛車を一番高く売る方法をお伝えしていますので、ぜひこちらの記事もご覧ください。

状態のいい中古セダンは割高になるので、この方法で今の愛車を売却すれば、その充てにできます。

クラウンを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

お客さんお客さん

クラウンはいくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

20万円か…やっぱり思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「安心車.jp」なら最大8社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・高く売れたら、その分でオプションやグレードアップできる!

1分であなたの車を無料査定してみる