下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです。

今の愛車の条件を入力するだけで、無料」ですぐに価格がわかるので、まずは愛車の値段を調べることをオススメします。

 

2018新型クラウンのおすすめグレードと価格・評判は?

トヨタクラウンは 1955 年のデビュー以降、日本を代表する高級車として評判もよく長らく愛されてきました。

今回はそんな新型クラウンの売れ筋のおすすめグレード価格ご紹介します。

また、排気量別の評判についても触れていこうと思います。

Sponsored Link

新型クラウンのグレードには何がある?

新型クラウンのグレード
引用:https://toyota.jp/crown/

それでは、現行モデルのクラウンをグレードごとにご紹介します。

15 代目クラウンではこれまでの「マジェスタ」「ロイヤル」「アスリート」といったグレードを廃止し、ロイヤルの後継である「標準仕様」とアスリートの後継である「RS 仕様」の2 つに分け、それぞれが細分化されています。

また、単なるグレード変更だけでなく「TNGA」というトヨタの新プラットフォームを全車種に採用し、車両性能が先代と比較しても大きく進化しています。

標準仕様


引用:https://a248.e.akamai.net/autoc-one.jp/images/article/201806/08193258996_90a9_o.JPG

クラウン「標準仕様」はこれまでの「クラウンロイヤル」の後継であり、13 種類の細かなグレードに分かれています。

・2.0L のガソリン車である「B」「S」「S“C package”」「G」

・2.5L のハイブリッド車である「S」「S Four」「S Four“C package”」「G Four」「G」「G-Executive Four」

・3.5L のハイブリッド車である「S」「G」「G-Executive」の 13 種類です。

このうち名前に「Four」がついている車はすべて 4WD 車、その他はすべて 2WD(FR)車です。

RS 仕様


引用:https://response.jp/imgs/thumb_h2/1316390.jpg

クラウン「RS 仕様」はこれまでの「クラウンアスリート」の後継であり、8 種類のグレードに分かれています。

・2.0L のガソリン車である「RS-B」「RS」「RS Advance」

・2.5L のハイブリッド車である「RSFour」「RS」「RS Advance Four」「RS Advance」

・3.5L のハイブリッド車である「RSAdvance」の 8 種類です。

このうち名前に「Four」がついている車は標準仕様と同様にすべて 4WD 車、その他はすべて 2WD(FR)車です。

標準仕様と RS 仕様の違いとは?

RS 仕様は標準仕様と比較して多くの違いがあります。

外観の違いとしては、標準仕様のマフラーが左右 2 本出しのところ RS 仕様が 4 本出しになっていたり、標準仕様にないリアスポイラーが RS 仕様に装備されていたり、そして RS仕様は随所にメッキガーニッシュが施されています。

新型クラウンRSマフラー4本出し
引用:https://www.assayyarat.com/uploads/jpg/toot_df40e87d5b.jpg

内装の違いとしては、標準仕様で本革だった部分が RS 仕様では「ブランノーブ+合成皮革」であったり、標準仕様は内装色が 2 色なのに対して RS 仕様では 4×3 の 12 色であったりと、各所で標準と RS の違いが見えてきますね。

また、RS 仕様車には専用装備として 18 インチの 5 本スポークアルミホイールを装着しているほか、RS 専用のフロントスタビライザーでロール剛性を強化しています。

新型クラウンRSホイール
引用:https://i0.wp.com/worldcar-ranking.com/wp-content/uploads/2017/06/crown10-e1511704410835.jpg?resize=728%2C460&ssl=1

更に、RS 仕様車の 2.0L ターボ車にはリアパフォーマンスダンパーなどの更なる特別装備を追加しており、荒れた路面の振動の軽減や操舵応答性の向上を実現しています。

Sponsored Link

新型クラウンのおすすめグレードは?

おすすめグレードは2.5Lハイブリッドモデルです。

新型クラウンの中でも最も人気が高く、販売台数も多く売れ筋なのがこのグレードになります。

理由は、排気量が2.0Lだと物足りないといった口コミもありますが2.5Lハイブリッドの場合、モーターとエンジンの馬力も十分あり加速力も満足できるレベルだということ。

また、ハイブリッドということで燃費が先代クラウンNo1の24.0Km/Lという低燃費が高く評価されています。


引用:https://a248.e.akamai.net/autoc-one.jp/images/article/201806/08193259928_d532_o.JPG

乗り出し価格もエコカー減税の対象となるため、2.0Lターボと大きくは変わらない価格になります。

以上の理由から、2.5Lハイブリッドは新型クラウンのおすすめグレードと言えます。

各グレードの諸費用込みの乗り出し価格は下の記事に詳しく書いています。

Sponsored Link

新型クラウンの価格一覧表

つぎは、新型クラウンの価格をグレードごとにご紹介します。

新型クラウン標準グレード
・B 4,606,200 円~
クラウンの最もスタンダードなグレードでもこの価格、さすがは高級車です。

・S 4,746,600 円~/S Four 5,194,800 円~
B クラスの上級グレードにあたるグレードで、4WD 車は500万円を超えてきました。

・S“C package”5,157,000 円~/S Four“C package”5,373,000円~
S グレードのさらに上級グレードで、2WD 車も500万円越えです。

・G 5,416,200 円~/G Four 5,837,400 円~
2.0L の最上級グレードですが、550 万円に迫る価格です。

・G-Executive 7,187,400 円~/G-Executive Four 6,323,400 円~

クラウン標準仕様車の最上級グレードは、驚異の700万越えです。

新型クラウン標準グレード

RS-B 5,000,400 円~
RS 仕様のスタンダードグレードは、スタートからもう 500 万円です。

・RS 5,184,000 円~/RS Four 5,632,200 円~
RS 仕様車の中級グレードで、4WD 車は 550 万円を優に超えています。

・RS Advance 5,594,400 円~/RS Advance Four 6,015,600 円~

RS 仕様車の最上級グレードは 700 万円こそ超えませんでしたが、それでも高級車の名に恥じない価格でした。

以上が新型クラウンの価格になりますが、いかがでしょうか。

一番低いグレードでも4,606,200円からという高級車らしい価格設定がされていると思いませんか?

新型クラウン価格表一覧

新型クラウン排気量別の評判は?


引用:https://toyota.jp/crown/grade/grade4/

ではここで、クラウンの排気量別の評判を見てみましょう。

新型クラウンには「2.0L」「2.5L」「3.5L」の 3 つの排気量があるので、それぞれでご紹介します。

新型クラウン 2.0L の評判

新型クラウン 2.0L の評判
引用:https://clicccar.com/wp-content/uploads/2016/02/TOYOTA_CROWN_09-900×507.jpg

○流石の FR 用 TNGA プラットフォーム
○静寂性。ミズスマシのように走る。動的性能がとにかく上品。
○従来よりもクリーンかつスポーティな好ましいルックスに見える。
×もっと、高級なマテリアルを。
×あのアクセルレスポンスだけはズッコケレベル。

新型クラウン 2.5L の評判

2018新型クラウン2.5 RS Advance
○性能に十分見合う価格だと思います。
○スポーツモードの加速感は上品です。
○エクステリアは洗練されたデザイン。
×インテリアは期待を裏切られた感じで、高級感はあまり感じられない。
×シフトノブが重い。

新型クラウン 3.5L の評判

新型クラウン3.5 RS Advance
○エンジンや足回りのガタピシが遮断されていて、品質の良さを感じる。
○本来スペアタイヤを入れるところも収納スペースになっているので使いやすい。
○走りのパワーは十分

△公道で使うには明らかに過剰な加速力
×もう少し燃費が欲しかった

2018新型クラウンのおすすめグレードと価格・評判まとめ

毎度のことですが、新型クラウンに対する評価も賛否両論といった印象でした。

例えば、今回のクラウンは先代クラウン以上にスピーディさを前面に押し出したデザインですが、それをカッコいいという人もいれば、往年のクラウンが持つ高級感が失われているという人もいました。

ただ、共通した評価としてマシンの加速性能の良さと、内装のチープさでした。

セダンとしては有り余る加速力は高評価でしたが、内装のスイッチパネル等のプラスチック感はよろしくなかったようです。


引用:https://toyota.jp/crown/design/

今回はクラウンのグレード・価格・評判についてご紹介しました。

クラウンのグレードは「標準仕様」「RS 仕様」の 2 つに大別され価格帯は 460万円~720万円ほどでした。

そして、特定分野では賛否両論あるもののおおむね高評価でした。

日本を代表する高級セダンであるクラウン、今後もその動向に目が離せません!

新型クラウンの値引き額から、さらにお得に購入できる方法は以下をご覧ください。

クラウンについてもっと知りたい方へ

クラウンを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

「クラウンが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型クラウンをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、クラウンの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

 

車の査定は後回しにすると損・損・損!!